2016年12月~2021年2月末現在

など多数の士業が在籍
各士業が連携し企業特有の課題に対応!

0120-127-034
平日 9:30~18:00
土日祝除く 初回相談60分無料※
平日 9:30~18:00
土日祝除く初回相談60分無料※
  • 事業承継についてのご相談とは、後継者への引き継ぎについてのご相談を指します。
  • なお、ご相談の内容によって一部有料となる場合がございます。

事業承継について
このようなお悩みはありませんか?

  • 後継者に会社を任せたいが、
    株価が高く贈与税負担が心配だ。
  • 株式が分散してしまっているので、
    承継後、安定した経営を保つことが
    できるのか不安だ。
  • 関連会社の資本関係が複雑
    円滑な事業承継が困難である。
  • まだ引退するつもりはないが、
    子供がいないので、
    次世代への承継が心配だ。
  • 株価が高水準で、
    将来さらなる株価上昇が見込まれ、
    後継者の相続税負担が大きすぎる。
  • わが社の実情に合わせた
    事業承継のサービスを
    ワンストップで提供してほしい。
  • 会長には自社株の他ほか、
    金融・不動産とかなりの資産があり、
    今後事業領域拡大も考えている。

ベリーベストにお任せください

各企業の実情に則して各士業がオーダーメイドの専属チームを組み、
ご依頼者様のお悩みに対応いたします。

貴社の状況ごとに柔軟な対応をします
事例紹介

  • 事例1

    役員退職金を利用し、事業承継前に株価対策

    業種
    運送業
    売上
    約32億円
    純資産
    約7億円
    ■課題
    1. 株価が高水準で、また、業績も良好のため、将来的に株価が上昇傾向にある。
    2. このままだと、株式の承継にかなりのコストがかかってしまい、次世代へ大きな負担がかかるのでどうしたらよいか悩んでいる。
    ■ベリーベストの実施事項
    • 1

      社長からご意向を確認していくと、役員を退職するお考えがあることが見えてきた。

    • 2

      役員退職金を支給したところ、株価の1株当たりの時価が6300円から2000円まで下がった。

    • 3

      下がったタイミングで、株式承継の各種施策を図り、出資関係を整理できた。

  • 事例2

    資産管理会社と従業員持株会を利用した事業承継

    対策1

    資産管理会社を利用した事業承継スキーム

    業種
    小売業
    売上
    約15億円
    純資産
    約10億円
    ■課題
    1. 親族や経営に関与しない個人に株式が分散し、社長単独で株主総会の決議ができない状況で、次世代へどうやって引き継いでいけばいいかわからない。
    2. 株式を集約したいが、そもそも個人株主から、株式売却の応諾を得られるかどうかよくわからない。
    3. また、株価も高く、社長が買い取りに動くと、価格交渉で不利になる可能性もあり、どうすべきか悩んでいた。
    ■ベリーベストの実施事項
    • 1

      社内の情報に基づき、全株主について、属性、株主となった経緯、取得価額などを確認。

    • 2

      結果として親族・個人株主は、会社に対して協力的であり、売却に応じてくれる可能性が高いと推測され、
      従業員持株会の新設も見据え株式を譲ってほしいと交渉。

    • 3

      社長が100%出資し持株会社(HC)を設立。
      議決権を特定の人に限定し、株式の一部をHCで買い取り、従業員へも譲渡等することで、
      段階的に株式集約のための組織体制を構築。

    ※種類株・・・議決権を持たない株式

    対策2

    従業員持株会を利用した事業承継スキーム

    ■残る課題
    1. 社長へ3分の2以上の議決権が集約できていない。
    2. 議決権が分散しているため、全体の管理ができない。
    3. 高い株価のままで今後買取をしなければならない株主が多い状態。
    ■ベリーベストの実施事項
    • 1

      組織再編を経て、従業員持株会を組成し、持株会へ種類株式を集約。
      これによって社員への福利厚生も充実されモチベーションの向上に寄与することが期待できる。

    • 2

      HCのコントロールにより全体を管理でき、また、最終的に議決権を社長へ集約することも実施できた。

    その他主な提案スキーム例

    • 種類株式(特に、優先配当無議決権株式・黄金株・取得条項付株式)を利用した事業承継スキーム
    • DESを活用した事業承継スキーム
    • 民事信託を利用した事業承継スキーム

ベリーベストで実施している
事業承継手法例

《会社の機関設計・HCの活用》

  • 会社設立
  • 有限会社の株式会社化
  • 会社機関変更(取締役会・監査役の設置・廃止等)
  • 株券廃止・単位株廃止・公告方法変更・基準日変更等の定款変更
  • 代表取締役・取締役・監査役等の役員選任・解任
  • コールセンター事業会社の株式譲渡案件
  • 役員数の変更
  • 株式贈与・譲渡による株式の集約
  • 不動産等譲渡手続による資産の集約
  • 各種配当(金銭配当・現物配当を含む)実施

《組織再編》

  • 株式交換・移転
  • 会社合併・分割
  • 事業譲渡
  • スクイーズアウト
    (特別支配株主の株式等売渡請求、株式併合等)

《資本戦略》

  • 新株発行増資
  • 株式併合・分割
  • 自己株式の取得・処分・消却
  • 無償減資・有償減資(資本準備金の減少を含む)
  • DES(デット・エクイティ・スワップ)
  • 名義株式の整理

《種類株式の活用》

  • 各種種類株式の導入・廃止
  • 種類株式の内容変更
  • 普通株式・種類株式間の変換
  • 優先配当無議決権株式の設計
  • 黄金株(拒否権付株式)の設計
  • 取得条項付株式の設計
  • 属人的株式の廃止

《従業員持株会の活用》

  • 従業員持株会・役員持株会の設立・解散
  • 従業員持株会・役員持株会規約の変更
  • 従業員持株会・役員持株会の入会・脱会・理事会開催手続等の運営
  • 従業員持株会・役員持株会を利用した事業承継
  • スキームの設計

《金融コンサルティング》

  • 金融機関等からの借入に関するコンサルティング・アドバイス・実施手続支援
  • 連帯保証解消に関するコンサルティング・アドバイス・実施手続支援

《民事信託》

  • 民事信託の成立・変更・終了等手続
  • 民事信託を利用した事業承継スキームの設計

ベリーベストが選ばれる
6つの理由

1. 訪問先の高い成約率

2017年12月1日~2020年11月30日で売上高は154件で427,508千円の入金があり、訪問先の7~8割程度が成約しています。

2. 事業承継専門コンサルティングチームを編成

弁護士だけでなく、税理士、司法書士など、所属している各士業が、企業様が直面している課題への対応や、幅広い法務・税務サービスの提供を切れ目なくワンストップで対応します。

3. オーダーメイドの事業承継スキームを提供

各企業様の業種、企業態様、株主構成、資本政策、株式集約など、現状から多岐にわたる課題についてヒアリングさせていただき、オーナーのご意向に則したオーダーメイドのスキーム提案をいたします。

4. 初回相談60分無料。必要な承継対策に合わせたお見積り

事業承継についてのご相談は、初回相談を無料にて承っております。また、必要な対策やスケジュールに応じて、企業様に最適な事業承継スキームとそのお見積りをご提案させていただきます。

  • 事業承継についてのご相談とは、後継者への引き継ぎについてのご相談を指します。
  • なお、ご相談の内容によって一部有料となる場合がございます。
  • 当事者・相手方の居住地、使用言語等により、有料のご案内になる可能性がございます。

5. 全国40以上の支店による地方対応

全国49拠点で対応が可能です。地方の支店にご来所いただければ、東京オフィスの専門チームがテレビ会議システムやスカイプ会議を使い対応いたします。

6. 事業承継後のサービスも充実

事業承継コンサルティング完了後も、顧問弁護士や顧問税理士として、承継スキームのメンテナンスの他、企業様に必要なその他様々な法務・税務サービスを提供することが可能です。

0120-127-034
平日 9:30~18:00
土日祝除く初回相談60分無料※
平日 9:30~18:00
土日祝除く初回相談60分無料※
  • 事業承継についてのご相談とは、後継者への引き継ぎについてのご相談を指します。
  • なお、ご相談の内容によって一部有料となる場合がございます。

事業承継専門チーム紹介

税理士 島本 広幸
税理士 島本 広幸Hiroyuki Shimamoto

1989年、旧株式会社第一勧業銀行(現・株式会社みずほ銀行)に入行後、26年間の勤務の間で銀行融資、債権回収、事業承継、法人の組織再編から信託までの幅広い銀行業務に精通。

現在は税理士法人ベリーベストに税理士として所属し、株式会社ポラリスの代表取締役を兼任している。

弁護士 長谷川 裕史
弁護士 長谷川 裕史Hirofumi Hasegawa

慶応義塾大学卒業後、同年の司法試験に合格。同大学大学院法学研究科を修了ののち、1999年 濱田松本法律事務所(現・森・濱田松本法律事務所)に入所。慶應ビジネススクールを経て、以降はグッドウィルグループ株式会社、株式会社ポケモン、韓国法人Pokémon Korea, Inc.にて部長や代表理事等を歴任し、2018年にベリーベスト法律事務所に入所。現在は、法務とビジネスの両経験を活かし、お客様が抱えておられるビジネス現場のお悩みを理解しながら、企業法務、M&A、事業承継、知的財産など多岐にわたって活躍中。

事業承継 ご依頼の流れ

STEP01

電話またはメールでの受付

お電話またはメールにてお問い合わせください。

担当パラリーガルが案件の概要とご意向について伺います。

0120-127-034
平日 9:30~18:00
土日祝除く初回相談60分無料※
  • 事業承継についてのご相談とは、後継者への引き継ぎについてのご相談を指します。
  • なお、ご相談の内容によって一部有料となる場合がございます。
STEP02

弁護士・税理士面談

事業承継専門コンサルティングチームの弁護士と税理士が
直接面談し、ご相談・ご意向を承ります。

遠方にお住いの場合や、外出が困難な場合などは、
テレビ会議やスカイプ会議での面談も可能です。

STEP03

株価評価や
承継シミュレーション資料を作成

伺ったご事情、ご意向、お預かりした資料などをもとに、
株式評価などの企業価値の算定をし、現在の企業様の状況や
一般的な事業承継のスキーム概要資料をお示しいたします。
(この段階で担当のコンサルティングチームを編成していきます)

STEP04

事業承継計画をディスカッション

作成した資料をもとに、タックスプランニングや
事業承継スキームを、2~3回の面談でディスカッションし、
オーナーのご意向を確認させていただきます。

STEP05

事業承継計画確定・お見積り

ディスカッションをもとに承継計画を確定し、
各スキームフェーズごとにお見積りをご提案いたします。

STEP06

業務委託契約書締結、実行支援

この段階で初めて契約締結,着手金請求となります。

事業承継に関するお悩みを
事業承継専門チームが解決します。
まずはお気軽にお問い合わせください。

0120-127-034
平日 9:30~18:00
土日祝除く初回相談60分無料※
平日 9:30~18:00
土日祝除く初回相談60分無料※
  • 事業承継についてのご相談とは、後継者への引き継ぎについてのご相談を指します。
  • なお、ご相談の内容によって一部有料となる場合がございます。
PAGE TOP