製造業専門チーム

製造業界のための法務サービスをご提供いたします。 製造業界のための法務サービスをご提供いたします。
  • 33拠点

    オフィス拠点数

製造業界のトラブルをトータルサポート

このような製造業務で発生するトラブルで悩んでいませんか?

運送業者
製造業
  • 製品不良トラブルを解決したい
  • 取引先との契約書でトラブル対策を行いたい
  • 製造代金を回収したい

製造業界の企業法務を解決!

製造業を専門とする弁護士チームが、製造業の経営者を全面的にサポートいたします!

製品不良トラブルを解決したい
製造業においては、大量の製品が製造、納入される場合、製品の不良を巡るトラブルへの対応は避けて通ることができません。製品不良を巡って紛争となってしまった際の対応として、交換に応じるか否か、賠償を行うか否か、賠償を行うとしてどこまでの要求に応じるのか等、取引先との交渉方針を綿密に検討する必要があります。製造業のトラブルに精通した弁護士が、製品不良を巡るトラブルにご相談に乗ります。
取引先との契約書でトラブル対策を行いたい
製造業においては、仕入れ先、納入先、場合により業務委託先等との取引を中心に成り立ちますが、それぞれとの契約関係においてトラブルが発生する可能性を防止するためには、充実した契約書を作成することが第一の対策になります。
契約書は、製品不良、納品時の手続き、所有権の移転時期など、製造業ならではの問題を想定して作成する必要があります。製造業に精通した弁護士がお力になります。
製造代金を回収したい
製品の納入先から代金が支払われない場合の債権回収についてお力になります。
一般的な債権回収方法に加え、製造業で取ることができる特殊な債権回収方法にも精通した弁護士がお力になります。
おまかせください!

ベリーベスト法律事務所は製造業界製造業種特有の法律問題に対応します!

  • 運送トラブルや保管トラブルの解決
    売買契約書
    取引先、仕入れ先と売買契約書のチェックを行います。
    納品時の検収方法、万一製品に問題があった場合の対応、所有権の移転時期など、納品側、仕入れ側それぞれの観点から、有利な条項への変更を検討します。
  • 運送中、保管作業中の事故対応
    製造委託契約書、製作物供給契約書、請負契約
    物品の製造のための各種契約書のチェックを行います。
    検収方法や製品に問題があった場合の対応のほか、委託に伴うノウハウ等の流出防止措置、知的財産権の保護などの対応も検討します。
  • 運送契約・寄託契約のリーガルチェック
    下請法、独占禁止法対策
    製造業においては、下請代金遅延等防止法(下請法)の適用を受けるケースが多く、公正取引委員会のガイドラインまで配慮した対策が必要です。下請け先との取引については、双方の合意以外に、独占禁止法の優越的地位の濫用にも配慮した対応を行います。
  • 事業提携や事業承継についてのアドバイス
    損害賠償、製品不良への対策
    製品不良等を巡って、製造物責任法による請求を含む賠償請求、製品交換要求等への対応を行います。
  • 労務管理のアドバイス
    労働者対策
    製造業特有の、ノウハウの流出防止や、就業環境への配慮、労働災害を防ぐ対策を行います。
  • 労務トラブルの解決
    外国人雇用対策
    外国人労働者を雇用する際に、入国管理局対応、ビザ取得等を行います。
  • 労務トラブルの解決
    債権回収
    他分野にも共通する民事訴訟、差押え等の債権回収のほか、動産譲渡担保権の設定、先取特権の活用など、製造業において活用できる特殊な方法による債権回収を行います。
ベリーベストの専門チームが選ばれる5つの理由

ベリーベストの専門チームが

選ばれる5つの理由

複雑な製造業関連の法務問題や紛争トラブルなどは、製造業専門チームの弁護士にお任せください!

  • 製造業専門チームの弁護士が対応

    製造業専門チームの
    弁護士が対応

  • 製造業界トラブルだけでなく労災対応・事業承継・労務管理もフルサポート

    製造業界トラブルだけでなく
    労災対応・事業承継・労務管理も
    フルサポート

  • 未納売掛金などは債務回収専門チームと連携して対応

    未納売掛金などは債務回収
    専門チームと連携して対応

  • スピーディーに対応

    全国33ヶ所にある拠点から
    スピーディーに対応

  • ワンストップ対応

    グループ会社だからできる
    ワンストップ対応

製造業専門チーム

顧問弁護士紹介

製造業特有の紛争対応や紛争予防に助力させていただきます。

製造業には、製造業に特有の紛争類型があります。
製品の不良を巡って争いが生じたときは、貴社の損失を最小限とし、取引先との関係も保つために、弁護士が助力させていただくべき場面です。紛争を予防する契約書も、製造業の特徴を反映した内容にする必要があります。
製造業界の企業法務について経験豊富な弁護士にご相談ください。

弁護士 亀井 俊裕
第一東京弁護士会

弁護士 亀井 俊裕
リーガルプロテクトなら頼りになる「顧問弁護士が」月額3,980円
PAGE TOP