相談事例

2018年08月27日更新 元従業員相手の立替金返還等請求をタイムチャージで解決

一般企業法務
業種飲食業
エリア兵庫県

ご相談内容

相手方は、依頼会社の元従業員であるが、依頼会社が経営するフランチャイズ店の店長として、最低1年間店舗運営を行う代わりに、依頼会社及び依頼会社代表者が無償で経営ノウハウを提供し、依頼会社代表者自身が店舗運営のサポートとして参加すること、その間の当該店舗の経費は相手方で負担すること等を合意した。しかし相手方は、2ヶ月程度で店舗運営を放棄し、また店舗の経費負担をしなかったため、依頼会社がこれを立替えて支払った。
本件は、依頼会社が上記立替費用の返還を請求するとともに、相手方の上記合意の債務不履行又は不法行為に基づく損害賠償を請求する訴訟を起こしたいということで、その訴状の作成を依頼されたという事案である。

ベリーベストの対応とその結果

請求額自体は少額であったことから、タイムチャージで作成を受任し、事実や証拠関係については実際に見せていただいた上で作成した。また、証拠番号の記載や証拠説明書を作成した上、訴え提起の方法など手続き面についても説明書きをつけて、訴訟提起の手続で迷わないようにサポートを行った。

解決のポイント

顧問契約を締結していただいるため、訴訟を代理人として依頼することはもちろん、本件のように訴状作成という一部分の依頼も可能となり、ご要望に沿ったサポートをさせていただきます。

PAGE TOP