安全保障輸出管理

輸出管理を適切に行う重要性は近時特に増大

厳格な輸出管理に必要なサポートを提供します

日本及び国際社会の平和・安全の維持のため、外国への輸出や技術の提供は、外国為替及び外国貿易法(外為法)により厳格な管理が求められます。北朝鮮による度重なる核実験や頻発するテロ事件等に表れる緊迫した国際情勢を背景に、近時、輸出管理を適切に行うことの重要性は特に増大しております。

当事務所では、頻繁に改正される安全保障輸出管理関連法令に従った国際取引のご相談、当局から指導・勧告等がなされた場合の対応、社内のコンプライアンス体制の構築等についてサポートいたします。

アメリカ弁護士、中国弁護士による相談対応も可能

また、米国のExport Control Reform Act(ECRA. 輸出管理改革法)及び同法に基づく輸出管理規則の一つであるEAR(Export Administration Regulation)は、米国からの輸出だけでなく、米国から輸出された品目を再輸出する場合にも適用されるため、米国原産の貨物や米国で組み込まれたソフトウェア等を取り扱う企業は、米国規制の順守が不可欠となります。

当事務所では、このような米国再輸出規制についてアメリカ弁護士による相談対応が可能なほか、中国弁護士による中国輸出入規制についてのご相談も承っております。

PAGE TOP