企業法務コラム

労働問題

  • 今年も残りわずかとなり、慌ただしく業務に追われ、残業続きの職場も多いと思います。このような繁忙期に「残業」に伴うリスクについて述べるのは心苦しいのですが、「残業続き」の職場には、「残業代」だけでなく…

    • 労働災害
    • 長時間労働
    • 弁護士
  • 日々寒くなってきました。巷ではインフルエンザの流行が、というニュースを耳にします。そこで今回、過去に厚生労働省が発表した、「新型インフルエンザに関する事業者・職場のQ&A」から労務管理面についてまと…

    • 新型インフルエンザ
    • 社会保険労務士
  • 今回は年次有給休暇の付与基準日統一についてお話させていただきます。年次有給休暇は、雇入れ日から6ヶ月間継続勤務し、その間の全労働日の8割以上出勤した労働者に対して最低10日を付与しなければならないと…

    • 有給休暇
    • 社会保険労務士
  • 今回は就業規則についてお話しさせていただきます。就業規則とは、労働条件や服務規律などについて会社と労働者の間で結ばれる、「約束(ルール)」を明文化したもので、労働基準法では常時10人以上の労働者を使…

    • 就業規則
    • 社会保険労務士
  • 社会保険算定基礎届の基礎知識
    2014年06月03日
    • 労働問題

    今回は毎年必ず行う手続き「算定基礎届」についてお話したいと思います。健康保険・厚生年金保険の被保険者に実際に支払われている給与と標準報酬月額との間に大きな差が生じないように、7月1日現在で在籍してい…

    • 社会保険算定基礎届
    • 社会保険労務士
  • 労働保険年度更新のポイント
    2014年05月13日
    • 労働問題

    年度更新(労働保険料申告)の準備は進んでいますか?労働保険料は、年度当初に概算で申告・納付しておきこれを年度終了後に実際に支払った賃金に基づいて確定させ、前年度の確定保険料と当年度の概算保険料を併せ…

    • 労働保険料
    • 社会保険労務士
  • ブラック企業という言葉をニュースなどで頻繁に目にするようになり、若者の就職活動でも「ブラック企業かどうか」は重要な情報となっているようです。平成25年12月17日の厚生労働省の報道発表によると、同省…

    • 残業代請求
    • 長時間労働
    • 弁護士
  • 近年、モラハラ(モラルハラスメント)を原因とする離婚が増えています。モラハラは「精神的な虐待」と定義づけられることが多いのですが、平成28年度の司法統計によれば、「申立ての動機」を「精神的な虐待」と…

    • 就業規則
    • 弁護士
  • 36協定届の準備はお済ですか?法定の労働時間を超えて労働させる場合、又は法定の休日に労働させる場合には、あらかじめ労使で書面による協定を締結し、これを労働基準監督署長に届け出ることが必要です。当該協…

    • 36協定
    • 社会保険労務士
  • 昨今厚生労働省では、所謂「ブラック企業」対策の一環として、若者の「使い捨て」が疑われる企業等への取組強化の対策を打ち出してきており、企業においても「ブラック企業(法律違反をしている企業)」と言われな…

    • 労働基準法
    • 社会保険労務士
  • 退職した元社員などから残業代請求されたとのご相談を受けた場合、一般的には1、残業代が支払われる役職・職務内容か 2、消滅時効(2年)はないか 3、残業時間数は正しいか 4、計算の基礎となる賃金額や割…

    • 残業代請求
    • 長時間労働
    • 弁護士
  • 1
  • 2
PAGE TOP